高く売れるブランド品の条件とは?換金目的での商品購入時のポイント

ブランド品は狙いを定めるのが重要

ブランドバッグのイメージ

ブランド品は高価な買い物ですが、いざという時に売ればいいと思って購入に踏み切る方が多いのではないでしょうか?
全般的にハイブランドは質屋やリサイクルショップ、フリマアプリで高く売れますが、メーカーやデザイン、モデルの選定でリセールが大きく変わってきます。
定価が高くても売る時も高くなるとは限らないことを覚えておきましょう。
ブランド品が好きな方や、将来的な換金目的で購入を考えている方は、高く売れやすいブランド品に狙いを定めることが重要です。

 

 

高く売れるブランド品の条件

高く売れるブランド品の条件は以下の3点です。

 

  • 知名度が高いメーカー(ブランド)
  • 一目見てブランド品だと分かるデザイン
  • 即完売する限定品

 

もっとも重要なのはメーカーで、高級ブランドとしての知名度・ブランド力が高い商品は中古購入需要が高いです。
たとえば高級腕時計の場合はロレックス・パテック フィリップ・オーデマ ピゲ・ヴァシュロン・コンスタンタンなど多数のメーカーがありますが、知名度の高いロレックスのリセールが圧倒的に高いです。

 

カバンや財布の場合はヴィトン・グッチ・プラダなどが王道メーカーで、新品の価格帯も似たような水準です。それぞれの知名度に大きな違いはありませんが、定番3メーカーの中ではヴィトンだけ中古相場が一歩上を行っています。
デザイン性やブランド力に好みがありますが、リセールを重視するのであれば高く売れやすいブランドに狙いを絞りましょう。

 

また、ブランド品の中でもロゴが全面に施されているデザインを狙うことが大切です。
ヴィトンの場合はモノグラム・ヴェルニ・ダミエ・エピ・タイガなどがありますが、一目でヴィトンだと分かるモノグラムやダミエの人気が高いです。

 

なお、ロゴが分かりやすいことも重要ですが、モノグラムのマルチカラーなど派手なデザインは少し汚れただけで価値が大きく下がってしまいます
ブランド品の中でもデザインやモデルで中古流通価格が変わってくることを覚えておきましょう。

 

 

限定品を狙うべき?

一部の中古品は異常な高騰をしていますが、全ての限定品が高く売れるとは限りません
成功した限定品の代表事例がヴィトン×シュプリームのコラボ商品ですが、こちらは販売会へ参加する倍率が30倍以上でした。
販売会の存在を事前に知っていたのはコアなファンだけで、ヴィトンやシュプリームが好きな人でも販売会が終わってからコラボ商品の存在を知った人が多いです。
こうした入手困難な限定品は定価を超えるプレミアムが付くことも多く、使用済みであっても正規品だと証明できれば高く売れます。

 

限定品が中古市場で高騰する事例がある一方で、価格設定が通常モデルより割高なのに中古のリセールが悪い限定品もたくさんあるので注意しましょう。
換金率で見た場合の限定品はハイリスク・ハイリターンの要素があり、売れる限定品の目利きに自信がない方は定番モデルを狙った方が無難です。
倍率の高い抽選販売や即完売が濃厚な限定品であれば、詳しくないブランドやコラボ内容の限定品でも購入する価値があります。

 

 

メルカリで相場をチェック

リセールバリューの高いブランド品を知りたい方は、メルカリの出品や落札情報から相場をリサーチしてみてください。
新作には通用しませんが、ブランドやモデルに応じて高く売れるアイテムの傾向を簡単に把握できます。
状態が悪い中古でも相応の値段で落札されているものは高く売れやすく、落札価格だけではなく売れるまでの時間やいいね数も重要な指標です。

 

古銭の転売についてはこちらをチェック!

古銭はぜどりで儲けられる?
ページの先頭へ戻る